Blog  /  スタッフより

一生賃貸という選択肢はアリか?ナシか?

2015年02月03日

今回は、「住宅を購入するのか、賃貸住宅に住み続けるのか、どちらが良いのか」について考えてみようと思います。

住み替えを検討する際に、

「このままずっと家賃を払い続けても結局自分のものにならないし・・・」

「でも、多額の住宅ローンを組んで買うのも不安・・・」

「将来、地元に帰るかもしれないし・・・」

と、買った方がいいのか、賃貸のまま住み続ける方がいいのか、悩まれている方も多いのではないでしょうか?

数千万円の大きな買い物なので、慎重になるお気持ちはとてもよくわかります。

では、「賃貸」のメリット・デメリットについて確認していきましょう。


賃貸のメリット
  • ライフスタイルに合わせて住み替えられる
  • 住宅ローン(≒借金)を組まなくてもよい
  • 毎月の修繕積立金の支払いが無い
  • 固定資産税や不動産取得税も発生しない

賃貸のデメリット
  • 家賃を払い続けても自分のものにならない
  • 仕事のリタイア後も家賃の支払いがずっと続く
  • 高齢になると借り辛くなるリスクがある
  • リノベーションが自由にできない場合が多い

 上記のように、賃貸にはメリットもデメリットも存在します。

よく、雑誌などのメディアで賃貸と持ち家の善し悪しを「総支払額」で比較する記事を目にしますが、総支払額は住宅ローンの金利や修繕積立金・管理費の額、固定資産税の額など様々な条件によって大きく変わってきます。

モデルケースのみでの比較にはあまり意味がありません。

賃貸と持ち家どちらが良いのかという選択肢に明確な答えは存在しないと私は考えます。

結局は自分のライフスタイルや住まいに対するこだわりで、持ち家か賃貸、どちらにするのかを判断するのが良いかと思います。

例えば、住む場所を転々としていろんな街での生活を楽しみたい方や、転勤が多くて一カ所に留まるリスクがあるような方は、賃貸を選択される方が良いですし、「自分の家」を持ち、自由にリノベーションして自分らしい暮らしを楽しみたい方は、購入を検討されると良いかと思います。

ただし、一つだけ注意しなければならないポイントがあります。

それは、先々の住まい方をきちんとシミュレーションするということです。

今後の家族構成の変化、必要になる家の広さや間取り、所得の見立て、相続のことなどを、あらかじめきちんと考えておく事がとても重要です。

一生賃貸で住み続けるには、65歳や70歳で仕事をリタイアした時点で、どの程度の貯蓄が必要か、家を買う場合は、その物件を売った場合や貸した場合に、どの程度の金額で売れて、どの程度で賃料で貸せるのか、今の会社に勤め続けた場合に退職金はどの程度もらえるのか、などについてです。

いつかは親の住んでいる住宅を相続することもあるかもしれません。

そういった場合に、どういった住まいの選択をするのかを今から考え、シミュレーションしておくことで、ご自身の人生における「住まいのプラン」を立てる事ができ、今現時点での住まいの選択についても判断しやすくなるのではないでしょうか。

これからは日本の人口がどんどん減少してゆき、住宅があり余る時代になっていきます。

その時代に合わせた人々の住まい方に対して、不動産業界も少しずつ変わりつつあります。

賃貸のままが良いのか、家を買った方がいいのか、悩まれている方でも、リノベーションラウンジ東京にお気軽にご相談下さい。

中立的な立場で、お客様と共に最適な住まいの選択肢を検討させて頂ければと思います。

Renovation Lounge TOKYO
■ 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-7-17 M2ビル201
■ JR山手線恵比寿駅徒歩8分、東京メトロ日比谷線恵比寿駅徒歩10分
■ 03-5422-7730(完全予約制/火・水曜定休)

お問い合わせ・ご相談はこちらから

Contact / お問い合わせ・相談予約

リノベーションラウンジ東京へのご相談・ご予約はお電話、もしくはメールフォームよりお問い合わせください。
受付時間:10:00〜21:00 毎週火・水曜定休