Blog  /  スタッフより

良いことばかりじゃない マンション最上階のメリット&デメリット

2018年01月08日

マンションの中でも角部屋と並んで、とりわけ人気の高い<最上階物件>。

眺望や日当たりも良く、上階に住人がいないため、最上階の物件をお探しの方も多いかと思います。

ただ、最上階の物件にもデメリットがあることを知っておかなければなりません。

今回はマンション最上階の物件のメリットとデメリットについてお伝えします。


最上階物件のメリットとは?

まずはメリットからご説明いたします。

最上階の物件のメリットは主に以下の3点が挙げられます。

眺望や日当たりが良い
最上階に限ったことではありませんが、最上階は下層階に比べると眺望が抜けている可能性が高くなります。

目の前に遮るものがなければ、日当たりや風通しも期待できます。

リビングからの眺望はリノベーションで変えることができませんので、眺望の良さはマンション選びにおいて非常に重要なポイントといえます。

上階からの騒音の心配がない
マンションやアパートで上階の住人の足音などの騒音に悩まされている方はと多いと思います。

最上階の物件は上階にお部屋がないため、足音などの騒音を気にすることなく生活をすることができます。

リフォームの承諾が取りやすい
多くのマンションが管理規約において、リノベーションの工事を行う場合に、管理組合への工事の申請を義務付けています。

通常はリフォーム会社の方で申請を行いますが、具体的な申請の方法等については「管理規約」や「使用細則」というマンションのルールブックに記載されておりますので、確認しましょう。

管理規約や使用細則は売買を仲介した不動産会社より入手することができます。

管理組合にリフォーム工事の申請をする際に、該当住戸の周辺にお住まいの方からの同意を得なければならないケースが多くあります。


通常は該当住戸の上下左右の4世帯や斜めの住戸を含めた8世帯の同意(署名・捺印など)が必要となる場合が多いのですが、最上階の住戸の場合は上階の方からの同意は不要のため、スムーズに申請ができるというメリットがあります。

これは角部屋や一階の物件の場合にも当てはまります。

資産性が高い
前述の通り、最上階のお部屋は一般的に人気があります。

人気があるということは、求めている人が多いということになりますので、もし将来的にその物件を売却することとなった際に、スムーズに売却することができる可能性が高くなります。


また、同じマンションの下層階と比べると、最上階というプラスポイントがありますので、下階の物件に比べて高い価格で売却できる可能性も高まります。


最上階物件のデメリットとは?

続いて、デメリットについてご説明いたします。

最上階のデメリットは主に以下の3点が挙げられます。



夏は暑く、冬は寒い
最上階のお部屋は上の階に住戸がないため、天井のコンクリートは常に外気にさらされています。

日中は太陽の日差しがコンクリートを温めますので、夏の日中はお部屋が暑かったり、冬はコンクリートが冷やされて寒かったりします。

もちろん最上階のお部屋の天井裏には断熱材が入っている場合が多いのですが、それでも最上階のお部屋は寒いという方は多いです。

一階のお部屋も同じく、冬はコンクリートが冷やされて床がすごく冷たくなり、底冷えする場合があります。

天井をコンクリートあらわしにできない


リノベーションをされる方に人気がある、天井をコンクリートあらわしにするデザインですが、最上階のお部屋の場合、コンクリートあらわしにすることができません。

先ほども記載した通り、最上階のお部屋の天井裏には断熱材が入っている可能性が高いため、コンクリートあらわしにすることができないのです。


コンクリートあらわしのデザインにしたい方は最上階のお部屋は避けた方がよいでしょう。


バルコニーに庇(ひさし)が無い場合も
マンションのバルコニーの天井は上階のバルコニーの床があるため、庇がある場合が多いですが、最上階のお部屋の場合は上階が無いため、庇が無いという物件もあります。

庇がないと直射日光がお部屋の中まで差し込むため、夏に室内がすごく暑くなってしまう可能性があります。

カーテンやブラインドで遮ることは可能ですが、せっかくの最上階の眺望が見えなくなってしまいますので、最上階のお部屋を購入される場合はバルコニーの上部に庇があるかどうかも、内見時にチェックするとよいでしょう。



まとめ

最上階は魅力的なポイントも多いですが、デメリットもあるので購入を検討している方はデメリットについても理解をした上で購入しましょう。

Renovation Lounge TOKYO
■ 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-7-17 M2ビル201
■ JR山手線恵比寿駅徒歩8分、東京メトロ日比谷線恵比寿駅徒歩10分
■ 03-5422-7730(完全予約制/火・水曜定休)

お問い合わせ・ご相談はこちらから

Contact / お問い合わせ・相談予約

リノベーションラウンジ東京へのご相談・ご予約はお電話、もしくはメールフォームよりお問い合わせください。
受付時間:10:00〜21:00 毎週火・水曜定休