Blog  /  スタッフより

マンションのリノベーションでできること/できないこと【後編】

2015年05月25日

前回に引き続き、マンションのリノベーションでできること・できないことをお伝えします。


上下階を貫くパイプ(立て管)の交換

築年数の古いマンションの場合、給排水管の汚れや劣化によって水道水が濁ったり、臭ったりすることがあり、購入を検討する際に気にされる方も多くいらっしゃいます。

マンションの図面などに記載されている「PS(パイプスペース)」の箇所に給排水管やガス、電気などの管や線が通っているのですが、住戸の上下階を縦に貫いている給排水管は各居住者の判断で取り替えることはできません。

それらの給排水管はマンションで10〜15年ごとに実施される大規模修繕等のタイミングで清掃や交換されます。

一方で、各住戸の床下を横に通っているパイプ(横管)については各居住者が実施するリノベーションで新しいものに取り替えることが可能です。



壁式構造のマンションの壁の撤去や移動

3LDKの間取りを壁を撤去して2LDKにし、広々したリビングを希望される方は多くいらっしゃいます。

マンションの構造には大きく分けて、柱と梁(はり)で建物を支える「ラーメン構造」と、壁で建物を支える「壁式構造」の2種類があります。

ラーメン構造のマンションの場合は基本的にほとんどの壁を撤去したり移動したりすることはできますが、壁式構造のマンションの場合は室内に撤去できないコンクリートの壁が隠れています

壁式構造であっても建物を支えている「構造壁」でない間仕切りの壁であれば撤去することができます。


正確な図面があれば図面を見るだけでどの壁が撤去できるかをある程度判断することはできますが、図面が正確でない場合は実物を見なければ確実に判断することができません。

もし、壁の撤去や移動を検討する場合は、物件を契約する前にリフォーム会社の担当者さんと一緒に物件を見に行き、壁の撤去が可能かどうかを必ず確認するようにしましょう。

購入した後に「壁が撤去できなかった・・・」となってもどうしようもありません。


【参考】リノベーションに適した中古マンションの探し方・選び方のコツ③【ラーメン構造・壁式構造編】



柱や梁の撤去や移動

ラーメン構造のマンションの場合、部屋の壁や天井の角に柱や梁(はり)がボコッと出っ張っています。

マンションによっては、あまり見栄えの良くない箇所に柱や梁が出てしまっていることがあり、「撤去や移動はできませんか?」という質問をよくいただくのですが、柱や梁は建物を支える上で必要な構造躯体となりますので、撤去したり移動したりすることができません。


どうしても気になるという方は、たとえば柱の出っ張りを活かして壁一面を本棚にしたり、梁の位置に合わせて新しい壁を設置するなど、リノベーションの工夫で気にならなくすることもできます。


カーペットから無垢フローリングへの変更

一般的に、マンションには「直床工法」と「二重床工法」の二種類の工法があります。

直床工法は築年数の古いマンションに多いのですが、コンクリートのスラブに対して直接、フローリングやカーペットなどの仕上げがなされています。

一方で、二重床工法はコンクリートのスラブと床の仕上げ材の間に配管などのためのスペースを15〜20cm程度空けてつくられています。

直床工法のマンションの場合、歩く音やモノを落とした時の衝撃音が、直接的に下階の住戸に響くため、それらの振動を吸収させるために防音性能の高いフローリング材やカーペットが敷かれています。

中古マンションの内見に行かれた際に、カーペットが敷かれている部屋のあるマンションの場合は、直床工法である可能性が高いため、リノベーションによってフローリングに変更することが管理規約で禁止されている可能性があるので注意が必要です。

【参考】リノベーションに適した中古マンションの探し方・選び方のコツ④【二重床・二重天井編】



まとめ

以上がマンションのリノベーションにおいてできること・できないことの代表的な例となります。

リノベーションでできること・できないことを事前にある程度把握しておくことで、物件探しやリフォーム会社さんとのコミュニケーションもスムーズに進むのではないでしょうか?

マンションのリノベーションでできること/できないこと【前編】

Renovation Lounge TOKYO
■ 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-7-17 M2ビル201
■ JR山手線恵比寿駅徒歩8分、東京メトロ日比谷線恵比寿駅徒歩10分
■ 03-5422-7730(完全予約制/火・水曜定休)

お問い合わせ・ご相談はこちらから

Contact / お問い合わせ・相談予約

リノベーションラウンジ東京へのご相談・ご予約はお電話、もしくはメールフォームよりお問い合わせください。
受付時間:10:00〜21:00 毎週火・水曜定休