Blog  /  スタッフより

リノベーションに適した中古物件の探し方・選び方のコツ①【物件の探し方編】

2015年02月22日

今回は、リノベーションに適した中古物件の探し方や選び方のコツについてお話したいと思います。まず最初は、条件の良い物件の「探し方」についてお伝えして参ります。


世の中には自分の今住んでいるお住まいを”売りたい人”と、中古物件を”買いたい人”が存在します。

今住んでいるお住まいを売りたい人の多くは、近所の駅前にある不動産会社などに「自分の住まいを売りたいのですが・・・」と相談をしにいきます。実際にその不動産会社に売却を依頼することになったら、その不動産会社と「媒介契約」という契約を締結します。

媒介契約には3種類ある

媒介契約には【一般媒介契約】【専任媒介契約】【専属専任媒介契約】という3つの契約の種類が存在します。それぞれ、売却活動を依頼しても良い不動産会社の社数や、売却活動の状況報告の頻度などがルールで定められています。


全国の中古物件情報はレインズ(REINS)という、全国の不動産会社だけが閲覧することができるインターネット上の物件情報システムに登録されています。(レインズとは国土交通大臣から指定された全国4つの不動産流通機構が運営しているネットワークシステムのことをいいます。)レインズには全国で販売されている中古マンションや戸建物件、賃貸物件などが数多く登録されています。


どこの不動産会社も基本的にはレインズに登録されている物件情報をもとにお客様に物件を紹介しているため、「どこの不動産会社さんに行っても紹介される物件はだいたい同じ」ということになりますので、いくつもの不動産会社さんに物件探しの依頼をする必要はあまりありません。

条件の良い物件に出会う方法

それでは条件の良い物件にはどのようにすれば出会えるのでしょうか?

①条件を少し緩めに探す
ファミリーの方であれば広さは絶対70㎡欲しいという方がほとんどかと思います。
その気持ちはとてもよくわかるのですが、リノベーションラウンジ東京では広さは「少し狭め」で探すことをおすすめしています。
というのも、リノベーションの工夫によって多少狭い物件であっても広く感じる空間をつくることができるからです。
例えば、寝室を最小限の大きさにしてリビング・ダイニングを広くしたり、戸建の場合はリビング・ダイニングを2階に移動して、天井を屋根なりに高くすることによって床面積は小さくても開放的な空間をつくったりすることができます。

物件の予算についても、物件によっては値引き交渉ができるケースも多くありますので、少し緩めに探すと良いでしょう。

あまり条件を狭くしすぎると、該当する候補物件も少なくなってしまい、条件の良い物件に出会えるチャンスも少なくなってしまいます。

②常に新着物件が出てこないかチェックする
世の中には物件探しをしている方が数多くいらっしゃいます。
みなさんが日々、さまざまな物件サイトをこまめにチェックしていますので、 条件の良い物件はすぐに売れてしまいます。
場合によっては物件が売りに出されてから数日間で売れてしまうこともあります。
そんなライバルたちに負けないように、常に新着物件はチェックする必要がございます。
リノベーションラウンジ東京でも日々、新着物件をチェックしていますが、 お客様の方で気になる物件を見つけられた場合は、お気軽にご相談いただければと思います。

③できるだけ早く内見をする
条件のよい物件が見つかった場合はできる限り早く、ご内見いただくと良いでしょう。
非常に条件の良い物件が出てきた場合は、確実に物件を押さえるためにも平日にお仕事を休んででも内見するくらいの勢いが必要です。
不動産会社は火曜日と水曜日が定休日の場合が多いため、平日に内見する場合は基本的に月曜日・木曜日・金曜日になります。

気に入った物件が見つかったらできるだけ早めに申し込みを

条件の良い中古物件であればあるほどすぐに売れてしまいます。例えば、駅からすごく近くて利便性の高い物件や最上階の角部屋の物件、ルーフバルコニー付きの物件などはとても人気がありますので、売りに出たその週末には売れてしまうといったことも多くあります。まさに1分1秒の戦いといっても過言ではありません。

気に入った物件が見つかった場合は不動産会社経由で売主さんに対して、購入の申し込み(買付証明書の交付)をする必要があります。

基本的にはこの申し込みのタイミングが早い人が優先的にその物件を購入することができるので、とにかく「これだ!」と思える物件に出会えた際には、できるだけ早めに購入の申し込みをするようにしましょう。

ただし、この申し込みのタイミングで、売主さんに対して価格や鍵の引き渡し時期等の交渉をする必要がありますので、気に入ったからといって、その場で焦って申し込みをする必要はありません。早い方が良いとはいえ、本当にその物件が自分たちにとってベストな選択なのか、売主さんに対してどういった要望をするのか、といったことを冷静に考えた上で申し込みをするようにしましょう。

1〜2件の物件を見学しただけで「これだ!」と思える物件の購入を判断することはなかなかできないかと思います。あまり希望条件を絞りすぎず、少し緩めの条件で物件を探すことが大切です。

また、気になる物件があった場合は時間を見つけて積極的に内見するようにしましょう。実際に物件をいくつか見ていく中で、「やっぱり私たちはこういうのが好きだな」とか「このエリアの雰囲気はあまり好きになれないな」などと、自分が求めている物件の希望条件が整理されていくこともあります。

以上が、リノベーションに適した中古物件の探し方の基本的なポイントとなります。
是非参考にしていただけると幸いです。

【リノベーションに適した中古物件の探し方・選び方のコツ集】
②築年数編
③構造編
④二重床・二重天井編
⑤耐震性編
⑥物件の広さ編
⑦管理編
⑧眺望編

Renovation Lounge TOKYO
■ 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-7-17 M2ビル201
■ JR山手線恵比寿駅徒歩8分、東京メトロ日比谷線恵比寿駅徒歩10分
■ 03-5422-7730(完全予約制・水曜定休)

お問い合わせ・ご相談はこちらから

Contact / お問い合わせ・相談予約

リノベーションラウンジ東京へのご相談・ご予約はお電話、もしくはメールフォームよりお問い合わせください。
受付時間:10:00〜21:00 毎週火・水曜定休