Blog  /  スタッフより

最寄駅からのルート 気をつけるべきポイントは?

2017年08月26日

物件探しをする際にほとんどの方が重要視される、最寄駅からの距離やルート。インターネット等で物件探しをする段階では、物件情報欄に記載されている「交通」の欄に記載されている最寄駅からの“徒歩での分数”で判断される方が多いかと思います。

最寄駅からの分数の定義とは

最寄り駅からの分数は徒歩1分=80mと算出基準が定められています。
例えば駅から物件までの道路距離が420mの場合は420m/80m=5.25となり、繰り上げて6分という表示となります。

正しく表示されていないケースも多い

上記のようにルールが定められているにもかかわらず、不動産会社によっては物件の検索数を増やすために少し短めに表示してしまう会社も残念ながら存在します。
インターネットサイトなどでは駅から10分以内という条件で物件を検索する方が圧倒的に多いため、実際には12〜13分ほどかかる物件でも10分と表記するといったケースが多いです。

気に入った物件が見つかった際にはgoogleマップなどを使って、最寄り駅から物件までのルートを検索すると正確な距離と徒歩分数が出てきますので、実際にかかる時間を確認することができます。

徒歩分数だけでなく、ルートの“質”も大切

まずは駅からの徒歩分数で◯分以内と条件を絞るのも良いですが、実際に歩く駅からのルートもとても大切です。例えば、歩道がきちんと整備されている道路と、歩道がとても狭い道路とでは同じ徒歩分数であっても日々のストレスの感じ方に大きな違いが出てきます。

また、エリアによっては急な上り坂や下り坂、階段などがルートに含まれる物件もありますので、小さなお子様がいらっしゃるご家族やご高齢の方の場合は駅からのルートが物件選びの基準として非常に重要になります。特に横浜市や川崎市、東急東横線沿線や東急田園都市線沿線は土地のアップダウンが激しいエリアもありますので注意が必要です。

夜道も要チェック

物件の内見は基本的に空がまだ明るい日中に行うことが多いため、実際に気に入った物件が見つかったら、できる限り陽の沈んだ後の駅からのルートも確認することをおすすめします。日中はとても人通りが多い道でも夜には人通りが極端に減ったり、街灯が少なくて暗かったりと新しい発見があるかもしれません。

特に今はインターネット上の地図の精度が非常に高くなっているので、実際に物件を見に行く前に一度、インターネットの地図サービス等で物件の周辺環境や駅からのルートをチェックするようにしましょう。

Renovation Lounge TOKYO
■ 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-7-17 M2ビル201
■ JR山手線恵比寿駅徒歩8分、東京メトロ日比谷線恵比寿駅徒歩10分
■ 03-5422-7730(完全予約制・水曜定休)

お問い合わせ・ご相談はこちらから

Contact / お問い合わせ・相談予約

リノベーションラウンジ東京へのご相談・ご予約はお電話、もしくはメールフォームよりお問い合わせください。
受付時間:10:00〜21:00 毎週水曜定休