Blog  /  スタッフより

リノベーションに適した中古マンションの探し方・選び方のコツ⑦【管理編】

2015年06月16日

「マンションの質=管理の質」といっても良いほど、管理はマンションにとって重要な要素です。

管理の状態が良いマンションとは、管理組合がしっかりと機能しており、居住者がきちんとルールを守り、管理会社のスタッフ、管理人さん、清掃員さん等が日頃から適切な清掃やメンテナンスを行っているマンションのことであると、リノベーションラウンジ東京は考えています。

管理がきちんと行き届いていないマンションは、適切なメンテナンスが行われていないために建物自体の劣化も早く、寿命も短くなってしまいますし、ルールが機能してないために居住者間のトラブル等も発生しやすいといえます。

では、中古マンションを購入する際に、マンションの管理状態の善し悪しをどのように判断すればよいのでしょうか?


管理の形態を確認する

マンションの管理形態には「常駐」「日勤」「巡回」の3種類が存在します。

「常駐」というのはその名の通り、管理人さんがそのマンションに住みながら管理をする形式、「日勤」は管理人さんが決められた曜日、時間に通勤してきて管理をする形式、そして「巡回」は週に数回だけ通勤して管理をする形式となっています。

もちろん、管理が行き届いている可能性が高いのは管理人常駐のマンションとなります。規模の大きいマンションほど管理人常駐のマンションが多くなり、規模の小さいマンションでは管理人巡回のマンションが多くなる傾向があります。

日勤や巡回のマンションが必ずしも質の悪いマンションとはいえませんが、参考までに知っておくとよいでしょう。

共用部の清掃状況を確認する

まずは、物件の内覧に行った際にエントランスから居室まで歩きながら清掃状態を確認します。

廊下やエレベーターの床などに落ち葉などのゴミがたまっていないかどうか、ポスト周辺にチラシなどが散乱していないか等を確認します。枯れた植栽がそのまま放置されているようなマンションも要注意です。

ゴミ捨て場を確認する

また、ゴミ捨て場もマンションの管理の質を見極めるのに重要なポイントとなります。可燃ゴミ、不燃ゴミ、ペットボトルや古紙など、きちんと分別されているかもチェックしてみましょう。ゴミ捨て場がきちんと整理整頓されておらず、分別されていなかったり、汚れが目立つようなマンションは要注意です。

駐輪場、駐車場を確認する

ゴミ捨て場と同じく、マンションの管理状態が表れるのが駐輪場や駐車場です。自転車がきちんと整列して駐輪されていなかったり、壊れた空気入れや廃棄タイヤが放置されているようなマンションは要注意です。

また、駐車場に駐車されている車の車種を見ることで、そのマンションに居住している方のだいたいのステータスを把握することもできます。


あまりに神経質にチェックする必要はありませんが、明らかに汚れが目立っていたり、ルールが守られていないようなマンションは避けた方が賢明といえます。

きちんとルールが守られていないマンションは、つまり居住者のモラルが低いマンションといえますので、近隣トラブルに巻き込まれてしまうリスクも出てきます。

物件内覧の際はゴミ捨て場や駐車場を案内されないことも多いので、不動産会社の担当者さんにきちんと伝えて、必ずチェックするようにしましょう。

マンションを選ぶ際は立地や広さなどのスペックやお部屋の中身だけではなく、マンション全体の管理状態についてもきちんと確認するようにしましょう。


【リノベーションに適した中古マンションの探し方・選び方のコツ集】
①物件の探し方編
②築年数編
③構造編
④二重床・二重天井編
⑤耐震性編
⑥物件の広さ編
⑧眺望編

Renovation Lounge TOKYO
■ 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-7-17 M2ビル201
■ JR山手線恵比寿駅徒歩8分、東京メトロ日比谷線恵比寿駅徒歩10分
■ 03-5422-7730(完全予約制・水曜定休)

お問い合わせ・ご相談はこちらから

Contact / お問い合わせ・相談予約

リノベーションラウンジ東京へのご相談・ご予約はお電話、もしくはメールフォームよりお問い合わせください。
受付時間:10:00〜21:00 毎週火・水曜定休